TOP PAGE商品カタログご注文方法ご注文方法
Q&A
【アイ・コラム】【プレゼント】【アンケートBOX】【Iモード】【訪販法による表記】【レンズ使用上の注意】【E-mail】


当サイトのシステムについてのQ&A


Q

コンタクトレンズを通信販売で販売しても良いのでしょうか?
コンタクトレンズは眼科で購入しなくても良いのでしょうか?

A

もちろん法的に問題ありません。

コンタクトレンズを販売するために必用なものは、医療用具販売届けを都道府県知事へ届け出ることであり、処方箋をいただくことでも、検査を必ず受けてもらうことでもありません。
今までのコンタクトレンズの購入は「コンタクトレンズ専門店」とよばれる店舗に直接足を運んで購入するという形態が主流でしたが、そういった販売店は、販売会社であり、眼科ではありません。
また、眼科内でコンタクトレンズを販売することは、医療機関の営利行為として禁止されている為、処方箋を発行するのが一般的です。(医療と販売の分離)
よく、コンタクトレンズ店に眼科が隣接されている光景をよく見かけますが、これは、検査を受けてもらった上で販売したいという販売店側のスタンスの問題であり、販売店と眼科は運営上、全く別の組織になります。つまり、店舗をかまえてコンタクトレンズを販売するか、通信販売でコンタクトレンズを販売するかの違いであり、店舗をかまえないと販売できないわけではありません。


Q

検査を受けなくても良いのでしょうか?検査を受けないと購入できないのでは?

A

コンタクトレンズの適正検査や定期的な検眼は、眼の安全と健康の為に必要なことですので、是非お近くの眼科で受けるようにして下さい。
但し、検査を受けないと販売できない。ということは法的にそうなっているわけではありません。「検査を受けないと販売できない」というのは、検査を受けてもらった上で販売したいという販売店側の理想を表現したもので、結局、コンタクトレンズ販売側や販売施設での検眼は出来ません(医療法)
最終的には自分の眼のことですから、検査を受けるか否かはあなた御自身の判断に委ねられています。


Q

なぜこんなに安いのですか?品質は大丈夫ですか?

A

もちろん大丈夫です。

日本の販売店で販売されているコンタクトレンズは、すべて厚生省の承認を得た安全なレンズです。販売店ごとに、レンズの品質が異なることはありません。
また、コンタクトレンズは医療用具である為、その製造や流通に関しては厳しい取り決めがあり、誰かが勝手につくったり、どこかから持ってきたり等ということは不可能です。
つまり、コンタクトレンズは定価で販売している販売店も、低価格で販売している販売店も、全く同じ品質の、全く同じ商品になります。
私たちが提供する価格はどれも低価格ですが、特別な所から特別安く仕入れているわけではなく、メーカーから普通に仕入れております。通信販売という形態によるコストダウンや、無駄のない仕入れなどの企業努力により、この価格を実現いたしました。使用者にとって必需品であるコンタクトレンズが、高い商品であってはならない。という考え方からです。



領収書の発行は可能ですか?



領収書は皆様に発行しております。
商品と代金引き換え時に、領収書をお受け取り下さい。


Q

保証制度はありますか?

A

通常、使い捨てレンズの場合には、箱を開けてしまうと交換ができません。通信販売の場合においても同様となります。ただし、万一、レンズそのものに不備があった場合には、こちらへご返送ください。その場合の送料はお客さま負担となりますが、交換後のレンズをお送りする際にはこちらで送料を負担させていただきます。