TOP PAGE商品カタログご注文方法ご注文フォームQ&A
【アイ・コラム】【プレゼント】【アンケートBOX】【Iモード】【訪販法による表記】【レンズ使用上の注意】【E-mail】


Q

眼が悪いってどういうことですか。
近視、乱視、不正乱視、遠視、老視、弱視ってなに?

A

皆様が一般的に「眼が悪い」と言われる眼の屈折異常には、大別して次のような種類があります。

■近視

遠くを見るとき、つまり眼が全く調節していないとき(無調節状態)に、平行に入る光が網膜より前に像をむすぶものをいいます。近視の目では、手元の方はピントが合うのですが、遠くの方はぼやけて見えてしまうわけです。
近視は軸性近視と屈折性近視に分けられ、軸性近視とは、目の屈折力はほぼ正常で、眼軸が普通より長い場合をいいます。屈折性近視とは、角膜や水晶体の屈折力が強すぎる場合をいいます。
正視
▲正視

近視
▲近視

乱視
▲乱視

眼の経線
■乱視

乱視は、角膜や水晶体の屈折異常により、眼に入った光が焦点をむすばない状態を言います。その理由は、目の径線(図参照)の、径線ごとに屈折カが違うためです。一番強い屈折を示す径線を強主径線と言い、一番弱い屈折を示す径線を弱主径線と言い、二つの主経線の一方が正視のときは単乱視、両主径線ともに遠視や近視のときは複性乱視、主径線の一方が遠視でもう一方が近視のときは混合乱視といいます。そして、主経線の方向により、倒乱視・斜乱視・直乱視に分類されます。

■不正乱視

角膜の表面が不正形であるために、眼に入った光が焦点をむすばない状態を言います。メガネでは矯正することができず、コンタクトレンズで矯正する場合があります。

■遠視

眼の調節機能が働いていないとき、平行に入る光が網膜より後に像を結ぶ屈折状態をいいます。遠視は、裸眼視力がよいため視力検査だけでは発見できにくい場合もあります。遠視の場合、近い所を見るときも遠い所を見るときも調節が必要で、常に毛様体筋(水晶体の屈折を調整する筋肉)を緊張させるため、視力障害や眼精疲労を起こしやすい傾向があります。
遠視
▲遠視

■老眼(老眼)

水晶体の弾力性が弱まって、近くを見るときに毛様体筋が緊張しても、調節がでなくなった状態をいいます。その為、近くの細かい文字が見にくくなったり、近くを見ると目が疲れたり等の症状を起こしてきます。老視は中年以後になると誰にでも起こってくる生理的現象で、病気ではありません。

■弱視

コンタクトレンズやメガネで矯正しても視力が0.3以下0.02以上と、視力が大変出にくい状態の場合をいいます。弱視には大まかに二つの種類があり、両眼ともに器質的な変化があって治療しても治らないものと、治療によって治る(治る可能性)のあるものにわかれます。後者には、斜視、不同視、遠視等によって引き起こされるもので、手術や訓練によって改善できる可能性があります。
←前ページに戻る