TOP PAGE商品カタログご注文方法ご注文フォームQ&A
【アイ・コラム】【プレゼント】【アンケートBOX】【Iモード】【訪販法による表記】【レンズ使用上の注意】【E-mail】


Q

眼の仕組みってどうなっているのでしょう。
角膜、強膜、水晶体、網膜、虹彩ってなに?
image
A

目は、よくカメラにたとえられます。カメラのレンズにあたるところが、角膜と水晶体です。カメラの絞りは虹彩にあたり、フィルムは、網膜にあたります。

カメラには、ピントを合わさずに簡単に写せるようなものがあります。これは、しぼりが光の量によって自動的に光の調節をしながらフィルムに適当な明るさで像をむすんでいるためです。このように、目とカメラはつくりそのものがよく似ています。

最近では自動シポリ付のカメラもできていますが、一般にカメラでは、レンズ自体の光の屈折カは変わらないため、像をフィルム上に合わせるにはレンズを前後に動かさねばなりません。(焦点距離を変えることで焦点を合わす)目では、レンズの働きをする水晶体が光の屈折力を変えて網膜の上で像をむすばせます。

■強膜

強膜は、眼球の外側をつくる「しろ目」の部分にあたり、乳白色の強くて囲い膜でできています。
構造的には腱に近く、血管が少なくてほとんど光を通さないため、眼球内へ不要な光が入るのを防いだり、眼球の形を保つ働きをします。

■角膜

角膜は、目のもっとも外側の部分の透明な膜で「くろ目」にあたるところです。
角膜の機能は、外から入る光を網膜の一点にピントを合わせるために、光を屈折させる働きをします。コンタクトレンズは、この角膜の表面にのるわけですので、光学的にメガネより自然に見えるのです。

また角膜は、血管のない組織(無血管組織)でもあり、周囲の血管網と前房水と涙によって酸素や栄養をとっています。

■水晶体

水晶体は外から入る光を屈折させ、網膜に映像をうつすという重要なレンズの役割をはたしています。角膜と同じく血管はありません。そのため、房水(角膜と水晶体の間にある液)から栄養をとり、いらなくなった老廃物を房水の中にもどしています。

また、単に光を屈折させるだけでなく、目にとって害のある紫外線が網膜に達するのを防いでいます。

■網膜

網膜はカメラでいえばフィルムにあたります。表面には多数の視細胞が並んでいて、光は視細胞に届くと電気信号に変えられ、見えた情報を視神経を通して脳へ伝える働きをします。このとき、はじめて物が見えるのです。

■虹彩

学術的には瞳孔と呼ばれる部分で、日本人では茶色の部分にあたり、カメラでは絞りにあたる部分になります。虹彩は色素をもっているため、光が強い(明るい)と小さく縮み、まぶしさを抑える働きをします。夜や暗いところでは大きくなって、多くの情報を得ようとします。また、近くを見るときは縮小して像をはっきりさせる働きもあります。
←前ページに戻る